2012年11月アーカイブ

2012年11月 1日

目の下のたるみとヒアルロン酸

どうして目の下のたるみが目立つようになるのでしょう。たるみ対策に、ヒアルロン酸を注射して皮膚全体をふっくらさせたという方もいますが、それはたるみが少ない場合に限って可能です。ヒアルロン酸は人間の皮膚で生成可能な成分で、水分をその場に留めておく作用や、肌の弾力性を維持するものです。肌に一定の弾力があり、しっとりと潤っているのはヒアルロン酸があるからと言えます。ヒアルロン酸は、年齢を重ねるにつれ少なくなっていきます。ひじ、ひざといった関節のある部位も、年を取るとヒアルロン酸不足が深刻化します。加齢によってひざなど関節に痛みが走るようになるのは、ヒアルロン酸の減少が関係しています。ヒアルロン酸を気になる場所に注射することでその部分の肌を下から押し上げ、たるみやしわが目立たない状態にできるようです。結果的に、たるみがわかりづらくなります。目の下のたるみをヒアルロン酸で治療する場合、安上がりなだけでなく、長時間かかりませんし、すぐに顔を洗ったり化粧をできるという良さもあります。施術の効果は半年から1年程度と限定的であることや、皮下脂肪の重力よるたるみに対しては十分な効果がないといった欠点もあります。目の下のたるみを取る施術は、それぞれにメリットやデメリットがあるので皮膚科や整形外科などに相談してみると良いのではないでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。